薄毛の前兆(サイン)と対策とは?

キャプチャ.GIF

ホットペッパービューティーアカデミーが2018年に行った「薄毛に対する意識調査」では、「薄毛である」と答えた男性が約27%、女性が9%という結果でした。

また薄毛が気になりだした年齢は、年々早くなる傾向にあり男性は36.3歳、女性が37.7歳という結果が出ています。薄毛の進行は非常に早く、待ってはくれません。このページでは、薄毛の兆候が見られたらどのような対策を取ったらいいのか?という内容を調査して行きたいと思います。


薄毛の前兆(サイン)は?

・抜け毛の中に短い毛が増えてくる

部屋に落ちている抜け毛や洗面所に落ちた髪を観察してみましょう。

抜け落ちている毛髪はしっかり育った髪でしょうか?もし、まだ成長しきっていない短い髪が多ければ、要注意です。

・抜け毛の量が多い
健康な状態でも1日に抜ける髪は100本程度はあるようです。しかし1日300本以上のや、最近急激に抜け毛が増えたかなあというような場合は要注意です。

・抜け毛の根元が細い
健康的な抜け毛の根元は丸みを帯びマッチ棒のような形になっています。根元部分が細い髪の毛は栄養不足です。このような抜け毛が多い場合は要注意です。

・頭皮がかゆい、フケがでる

頭皮の痒みやフケが多く出る症状は頭皮の皮脂が多すぎる、又は少なすぎる事が原因です。

頭皮の痒み、大量のフケは「薄毛の始まり」とも言えます。

・おでこの産毛が生えていない
おでこの生え際の部分は健康な状態なら、産毛が生えています。産毛がない状態は血流の不足が考えられます。放置していると進行していくためとても危険です。

薄毛の前兆が現れたら?

キャプチャ.GIF

・育毛剤の活用

近年の育毛剤のは、研究が進み非常に多くの方々に利用されています。育毛剤は高額な商品から安価な商品まで、幅広く販売されていて、自分に合った商品を見付けることは困難です。自分にあった育毛剤を探すには、まず自分の脱毛原因を見極めることが大切です。

薄毛の原因は

男性ホルモンの影響による薄毛。

血行不良による薄毛

皮膚疾患による薄毛

が大きな原因と言われています。

アナタの薄毛の原因が何かを分析し、薄毛の原因を解決できる成分が配合された商品を選ぶことが大切です。

また育毛剤は、継続して使用することが大切です。商品選びになるべく失敗しないためには、リピーターの多い商品がいいでしょう。長期にわたって売り上げ数の多い商品を選ぶことが大切です。

・スカルプシャンプーの活用

毛穴に貯まった皮脂は、髪の成長を妨げ、抜け毛の原因となります。

頭皮にはある程度の皮脂は必要です。しかし必要な皮脂まで洗い落としてしまうと、乾いた頭皮を守ろうとするため、逆に皮脂の分泌量が増え、毛穴が皮脂で詰まってしまう結果になってしまいます。

一般のシャンプーは洗浄力が強すぎるため必要な皮脂を洗い流してしまいます。結果的に一般のシャンプーは毛穴に皮脂が貯まってしまうことになります。

スカルプ系のシャンプーは、一般のシャンプーとは違い、洗浄力が強すぎず、皮脂をコントロールしてくれます。

・食習慣の見直し
脂っこい食事が多くなると頭皮に皮脂を貯め込み、薄毛の原因となります。栄養が偏らないバランスの良い食事を心がけましょう。

・睡眠時間の見直し

髪が作られる時間帯は、午後10時~深夜2時頃と言われています。

この時間はできるだけ、就寝につきましょう。

・ストレスをためない
ストレスは自律神経のバランスを崩し、結果的に頭皮の血行を悪くします。頭皮の血行が悪いと髪の毛に栄養が運ばれず、抜け毛の原因となります。

・適度な運動
適度な運動は、ストレスを抑え、身体全体の血行も良くします。頭皮の血行も良好となり毛髪に栄養が行きわたります。

まとめ

薄毛の進行は早く、薄毛の前兆(サイン)が現れたら、なるべく早期に対策を取ることが大切です。まずは生活環境を見直しましょう。食生活・睡眠時間を見直し、適度な運動を心がけましょう。次にスカルプシャンプーと育毛剤で育毛対策を実行することが、有効でしょう。育毛剤やスカルプシャンプーは、商品ページの広告を鵜呑みにするのではなく、購入者の評価を参考に選択することが、良い選び方と言えるでしょう。